メディカルハーブ記事14

メディカルハーブってなに?

「メディカルハーブ」って、聞いたことはありますか。

薬草とか、香草という言い方もして、自然派医学において治療としても用いられる植物のことです。科学的な薬などによる治療ではなく、自然治癒力を高めて健康になるもしくは病気を治していこうとする動きは、昔に比べてどんどん高まってきていますが、「何をしたらいいのか」ということになると、知らないという人が多いのが現状です。

自然治癒力を高める=自然療法の考え方は、「バランスを維持すること」です。健康な時には、身体のバランスが保たれていて、病気になったり体調を崩した時には、このバランスの均衡が崩れる、という考え方です。メディカルハーブ協会のサイトによると、「そのバランスが崩れようとしたときには、元の調和した状態に戻す力が働くと考えます。これが自然治癒力です。つまり、病気になったときは体のバランスを元に戻す自然治癒力に働きかけ」るのです。

疾病の治療に植物が初めて用いられたのは、原人時代だとも言われます。私たちは、健康について意識するようになるずっと前から、植物を「治療薬」として用いていたということです。

ただし、病院などでもらう、いわゆる「薬」とメディカルハーブは、さまざまな点において大きく違います。

まず一番に違うのは、薬は、有効性が証明された単一の化学成分によってできていて、身体に直接作用するのに対して、メディカルハーブの中には、さまざまな作用を持つ成分が複合的に入っていて、それがからだ全体に作用を与えて効果を生み出します。局所的に作用する薬効成分は、時には重大な副作用をもたらすことさえあります。医薬品が「医師の処方のもと」に用いられるのは、そのためです。

一方、メディカルハーブでは、副作用がほとんどありません。「病気の原因を除去する」というオフェンス的な役割をするのが「薬」であるのであれば、メディカルハーブは、「病気から身体を守る力を高める」というディフェンス的な役割を果たします。

もちろん、現代多く使用されている医薬品は、もともとはメディカルハーブにルーツがあることも事実。薬草を研究し、有効成分を抽出して、それを人工的に増幅・改良したもので作られたのが、医薬品の原点だからです。

医薬品や、いわゆる近代医学をおろそかにするわけではありませんが、メディカルハーブを日常に取り入れることによって、実は、病気になるたびに薬で治療するよりも、自分自身を「強く」することで、「病気になりにくいカラダ」を作りことができるかもしれません。

今回は、メディカルハーブにどんな種類があるのか、どんなふうに日常生活に取り入れるのかをお話ししていこうと思います。

メディカルハーブ

ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

Introduction<メディカルハーブを考察するサイト>

本サイトはメディカルハーブサプリメントの基礎知識として、タイ王国のメディカルハーブを中心に掲載しています。
いわゆる、薬草としてのメディカルハーブを考えていくようなそんなサイトです。あくまで個人的見解が非常に多いため、一般的に閲覧することはすすめていません。

ただ、メディカルハーブ、サプリメント、健康食品などをこれから勉強したいと考えている方、メディカルハーブの知識を習得したいと考えている方は大歓迎です。

メディカルハーブに関してはやはり、栽培過程や製造過程が重要ですが、ケミカル成分の中にハーブが入っていると言うものも少なくありません。それらのほとんどは、ハーブは少しだけ入っておりほとんどがケミカル成分のものや、ハーブから成分を抽出したものなどがあります。特にハーブから成分を抽出したものに関しては、その成分は「ケミカル」になるということに注意してください。
そこで、ケミカルの何がいけないのかと言うことになりますが、ケミカルの成分は体に吸収されて体に作用しやすいということです。つまり、良い良い方をすれば効きやすい、悪い良い方をすれば、確実に肝臓や腎臓に負担をかけるということです。
健康になろうと思ってサプリメントやメディカルハーブを摂取しても、肝臓や腎臓が悪くなると元も子もありません。肝臓は元気の元ですし、腎臓は悪くなるとむくみの原因にもなります。
その辺りを考えると、メディカルハーブそのままを食べることが非常に良いことになります。

薬事や医学的根拠の欠ける部分がある可能性がありますので、当サイトの既述に関しては、全て自己責任で取扱いください。
私達の健康に役立ってくれるメディカルハーブサプリメントの世界をのぞいてみましょう!

自分でメディカルハーブを調合する!マイハーブプログラム

マイハーブプログラムとは、無農薬・無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブを自分自身で、体調にあわせて、調合できるプログラムです。
マイハーブプログラムは、ベースハーブと機能性ハーブを組み合わせて調合するので、ベースハーブで体調を整え、機能性ハーブで気になるところをケアしていくという理想的な方法論です。
マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントはすべて完全無農薬・完全無肥料・原種メディカルハーブで作られていますので、あなたの体にとても優しく作られています。
基礎的な健康管理から、病気の予防、気になる症状の改善などさまざまなシーンにあわせてご利用いただける、画期的なサプリメント。それがマイハーブプログラムです。

良質のメディカルハーブを元に作られたマイハーブプログラム(メディカルハーブサプリメント)良質のメディカルハーブを元に作られたマイハーブプログラム(メディカルハーブサプリメント)

マイハーブプログラムのベースハーブと機能性ハーブについて

ベースハーブとは

マイハーブプログラム:ミラクルブルーマイハーブプログラムのベースハーブは5種類。それぞれ、ミラクルハーブミラクルブルーミラクルピンクミラクルブラックミラクルホワイト。すべて、ミラクルハーブスピリッツ社の「超自然農法」によって収穫された完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブをそのまま、抽出することなしに乾燥して固めています。
さらに、ミラクルホワイト以外のベースハーブはタイ王国では薬として認可されている性能の高いメディカルハーブサプリメントなのです。
ミラクルハーブミラクルブルーは、男女とも体の機能を根本的に高めるためのメディカルハーブが処方されています。ミラクルピンクは主に女性用(プエラリア配合)、ミラクルブラックは主に男性用(赤ガウクルア)配合、ミラクルホワイトは男女、口臭体臭などが気になる方、または、PMSに悩む女性にも最適なメディカルハーブが処方されています。

機能性ハーブとは

機能性ハーブのラインナップは現在約20種類前後。状況によっては、今後も増えていく予定です。
基本的に単体のメディカルハーブで、すべて、ミラクルハーブスピリッツ社の「超自然農法」によって収穫された完全無農薬・完全無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブをそのまま、抽出することなしに乾燥して固めています。機能性ハーブタブレットは現象となるメディカルハーブが96%で残りの4%が蜂蜜で、独自の製法で固められています。ですので、いわゆる賦形剤などのケミカル物質は一切使用していませんので、安心してお食べいただけます。

無農薬・無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブ:マイハーブプログラム無農薬・無肥料・完全ノーケミカルのメディカルハーブ:マイハーブプログラム

ページトップへ

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|34|35|36|37|